月と菓子パン

記事内のアフィリエイト広告から収入を得る場合があります

本棚(蔵書)カテゴリーの記事を「引用」で構成している理由はこちら

女ひとり、気どらぬ町で暮らしているー。近所のとうふやの味を比べる。猫みちを探索する。銭湯で人生の先輩たちの会話を楽しむ。田舎から出てきた父と乾杯する。水泳がちょっとうまくなる。二歳のいなこちゃんを抱っこする。ともだちの家でごはんを食べる。何気ない日常こそが愛おしい。みずみずしい感性ときりりとした筆致でエッセイの新時代を切りひらく、石田千の第一作品集。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

タイトルとURLをコピーしました