再会

古書店に売った本を
後年また読みたくなり
しかしすでに絶版となっており
しかたなく古書で入手したら
それが昔売った自分の本だった

そんな再会に憧れる

足跡

僕にとっての古い国語辞典は、その言葉が「載っていない」という価値があるのです。

「ない」ことも、言葉の「足跡」なのです。