足跡

僕にとっての古い国語辞典は、その言葉が「載っていない」という価値があるのです。 「ない」ことも、言葉の「足跡」なのです。