という、はなし

どんな本を読むかも大事だけれど、どこで(どんな風に)読んでいるかも侮れない要素で、誰かの読書シーンを少し離れたところから眺めながら、勝手な空想にふけるのも楽しい。

吉田篤弘(文) × フジモトマサル(絵)の「という、はなし」を開くたびに、そう思う。

ちなみに僕が持っているのは単行本だが、現在は文庫のみのようだ。絵を楽しむうえではサイズが大きい単行本の方が有利だが、文庫本を持ってどこかへ出かけ、自分自身が登場人物の一人になるのも悪くない。

買い足そうかな。