クラフトナイフS型 / オルファ

クラフトナイフS型 / オルファ

鉛筆を削るときは専用の「削り器」を使うことが多いが、たまにナイフで削りたくなる。

肥後守やボンナイフなどの「折りたたみ式」に比べると刃の出し入れにひと手間かかるけれど、それは「魅力」でもある。替刃が用意されているので消耗を気にせず使えるのもいい。

その心地よい音と手ごたえを感じながら、黙々と削る。