再読

外出自粛中で、かと言って宅配も躊躇してしまう時だからこそ、蔵書再読の時。 「今」しか気付けないこと、見えないものがきっとある。