架空の現実

僕が子供の頃に過ごしたあの時代。もしもその時の僕が今の歳だったら、何をどんな風に感じながら生きていただろう。

なんてことを思いながら、昭和時代を舞台にした小説の中に、大人として生きてみる。ストーリーは架空だが、時代は僕が実際に生きてきた現実である。