擦り切れるほど

擦り切れるほど聴いたレコード(カセットテープ)、読んだ本。

もちろんそれは、それだけ好きだったからでもあるけれど、次々と新しいものを買うほどお金がなかったためでもある。

どちらにしても、擦り切れるほど何度も繰り返した体験と時間は、かけがえのないものだ。

だからこそ今も、その曲や本の内容をしっかりと覚えているし、そこから思い出される時代やシーンも鮮明なのだ。