無限の中間

対極間には「無限の中間」があって、そこは決して「怪しい」ゾーンではないし「曖昧」なわけでもない。表現こそ困難ではあるが、しっかりと意志を持った「中間」なのである。

なんでもかんでも、白黒はっきりつけるばかりが能じゃない。そもそも、答えが二つしかないはずがない。