時は金なり

金、金、金…。少しでも安く買うために遠出したり、100円にでもなればと不用品を売ろうとしたり。

もちろんそうした行為のすべてを否定するわけではないけれど、ほんのわずかな「金」にこだわる割には「時間」に対して無頓着。平気で無駄にしている。そのことに気づいてもいない。

たとえば今日一日の行動を振り返ってみる。きっと、大切な時間をくだらないことに費やしているのがわかる。