「、」「。」

文章も、人生も、「句読点」ごとに、しっかりと噛み締めて、ゆっくりと進んでいこう。

「、」(読点)は特に意識したい。その有無や位置によって、理解度や意味が変わるから。