開かずの踏切

開かずの踏切で、

まっすぐに前を見つめるあの人は、

「ずっとこのまま」を望んでいる気がする。

遮断器が上がる。

何かを吹っ切るように渡っていった。