眠れぬ夜

眠れぬ夜。

右へ、左へ、何度も寝返りを打ち、やがて考え始めるのはろくでもないこと。深夜の思考スイッチには「ネガティブモード」しかない。それが自動的かつ強制的に入ると「負」の連鎖が起こり、底なしの深みにはまっていく。

それでもいつの間にか眠りについている。「悲劇」は未完のまま朝を迎え、ネガティブモードも解除されている。