平凡

ありきたりな日々の些細な出来事を、淡々と、静かに語る本や話が好きだ。気づく人だけが気づく小さなこと。けれど大切なもの。答えは人それぞれ。自分が感じ取ったことがすべて。それがゆっくりと、やさしく、染み込んでいく。

こんなふうに「平凡」を愛おしく感じるのは、今ではそれが「非凡」になってしまったからなのかもしれない。