麦茶

麦茶を買ってきた。銘柄に特別なこだわりはないのだが、毎年同じもののほうが「風物詩」として実感できるので「香り薫るむぎ茶 ティーバッグ 54袋」(伊藤園)が定番となっている。

麦茶は季節を問わず飲めるけれども、我が家では「夏限定」だ。だいたい今頃から9月くらいまでだろうか。独特の香ばしさは、まだクーラーなどなく、ジュースが贅沢品だった子供時代を思い出させる。あれから数十年、今では焼酎の麦茶割りなんぞも楽しみながら、縁側と青い空を思い浮かべたりする。